Profile

自分の写真
福岡市, 福岡県, Japan
■ 宇佐美毅(うさみたけし) □ 1982生。福岡市在住。九州芸術工科大学卒(画像34期)、芸術工学博士、九州好青年科学館 館長、アニメーション作家、イラストレーター □ USAMI Takeshi, Fukuoka, Japan, 1982-, Kyushu Kouseinen Science Museum Art Director, animation Directer, Illustrator ■ ABOUT □ 本サイトは、宇佐美毅の制作日誌と作品紹介のサイトです □ イラスト閲覧→上のタブを選択 □ アニメーション閲覧→http://www.youtube.com/user/usa3take4/ ■ ご依頼あれば→usa3take4@annolab.com

2011/03/30

描き修め

最近何かと真面目すぎたので、久しぶりにど~~~・・・でもいい絵を描こうと思って色鉛筆を手に取った。

描いてみて気づいたが、何かこう、心理描写というか、なかなか自分の状況にぴったりでビックリしたんだけどw。色々状況を読み取って楽しんでいただければ。よろしいかと。

思えば、今年度最後の絵であり、10年間居すわって慣れ親しんだ大学での最後の絵になるわけだ。パソコンのパの字から表現のあれこれまでほんとにお世話になりました。芸工、ありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。でっかくなって帰ってくるよ。またね。

では皆さま、俗世で会いましょう~。

さいなら~。


※来年度からはフリーの作家さんです。

2011/03/26

蜂と神さま 公開します




僕はTVを見ないので、兄に聞いた話なんですが、震災の影響で、ACのCMで使用されている金子みすゞさんの「こだま」の詩が多くの方の心を癒しているらしいですね。

昨年、下関の『金子みすゞからと商品館』のご依頼で金子さんの詩をモチーフにした作品をつくりました。『蜂と神さま』は、『蜂はお花の中に…』という、実に素朴な情景から始まる詩なんですが、庭、町、日本、世界と視野が拡がっていき、世界が神さまの中にあり、神さまは小さな蜂の中にもある、という伝統的な世界観に包まれています。

この詩に関しては、宗教と絡めてみたり、物理学と絡めてみたり、もっと素朴な生命の尊さを感じてみたりと、実に様々な解釈があるようで、興味が絶えません。個人的には、作家として、言葉にできない渦巻く想いを実に素朴な言葉でつづる表現手法に感嘆しました。花に潜り込んでいく蜂を見たみすゞ嬢の心にスイッチが入り、次々にラッピングされていく情景を思い描きながら、物質や生命の神秘について想いを巡らせた、と想像されます。彼女を見習い、僕も本作の中で追体験してみました。いかがでしょうか?

一番最初に出てくる女の子はみすゞ嬢その人です。ですが、これが現代の女の子であっても構いません。誰でも同じです。世の中には、心のスイッチを押すような、素朴だけどもとっても素敵な体験が溢れています。それに気付かないでただ日々を過ごすことは、世界観や人生観をじっくり考える機会を失ってしまうようで、実にもったいない気がします。

karato_street/唐戸商店街、唐戸地区の紹介・アーカイブサイト
http://www.karato.info/

2011/03/23

できますゼッケン

もともと好青年科学館メンバーが発案したアイデアが、災害に役立つシンプルなツールになりました。

災害直後の共同生活において、最良のコミュニケーションをとりながら被災者同士が助け合っていくことが非常に重要だという分析から生まれたアイデアです。

誰でも手軽にできるところがみそ。

ボランティア、専門家の方へ周知させたいようです。


ダウンロードで簡単。「できますゼッケン」ページ
http://issueplusdesign.jp/dekimasu/index.html

さらに簡単!「できますテープ」ページ
http://issueplusdesign.jp/dekimasu/04.html


issue+designトップ



主催 : デザイン都市神戸・推進会議
後援 : 神戸市 / 神戸商工会議所
運営 : FELISSIMO / hakuhodo + design / studio-L

2011/03/16

震災支援情報


首都大学東京の渡邉先生からの転送の転送です。
******************************************
■福島第一・第二原子力発電所からの距離マップ(スマートフォン対応)
http://htn.to/AubDNK
- 福島第一原発から20km(避難域)
- 福島第一原発から30km(屋外退避域)
- 福島第二原発から10km(避難域)
- 50km,100km,200km円(参考用)
を簡潔に表示しています。
バルーンから,気象庁の風向き情報にリンクしています。
今後,政府発表の情報がありましたら随時更新していきます。
■復興支援,震災情報を伝えるウェブサービスのリスト
http://htn.to/mZ2nSy
こちらも随時アップデートしていきます。
現在,有志により多数の震災情報・復興支援コンテンツが制作されています.
私のツイッターでも順次紹介しております.
http://twitter.com/hwtnv

森の木琴

『森の木琴』公開されました。

http://answer.nttdocomo.co.jp/touchwood/?ppc=adws#play




以前ここで「山籠り撮影」に関してお話ししましたが、実は、docomoさんが提案する木のケータイ、『TOUCH WOOD』のwebプロモーションムービーの撮影だったんです。僕たち九大の仲間からなるチームは、サイドレールの企画から制作までを担い、一週間ほど山に籠ってセッティングも行いました。

僕も含め、今回木琴制作に携わった方々も登場します。なんてこった!ねむたそうだ!ぼくってば!


タッチウッドサイト
http://answer.nttdocomo.co.jp/touchwood/?ppc=adws#play

監督 菱川氏のコメント
http://seihishikawa.com/diary/2011/02/24/%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%81%AF%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%82%89/


音作りと木琴制作をメインで担当したInvisible Designs Lab.サイト




追記

さて、今回の震災で多くの方が深く傷ついたことでしょう。僕も記事や映像を見て、また実体験談を聴いて、間接的にですが大きなショックを受けました。当初の目的とは違いますが、この映像で癒されたというコメントがあり、微力ながらも表現者としてできることがあると改めて感じました。

docomoから、震災に関するメッセージもあります。
『TOUCH WOOD OWNERS CLUB』
http://www.touch-wood.jp/SH-08C.html#target1