Profile

自分の写真
福岡市, 福岡県, Japan
■ 宇佐美毅(うさみたけし) □ 1982生。福岡市在住。九州芸術工科大学卒(画像34期)、芸術工学博士、九州好青年科学館 館長、アニメーション作家、イラストレーター □ USAMI Takeshi, Fukuoka, Japan, 1982-, Kyushu Kouseinen Science Museum Art Director, animation Directer, Illustrator ■ ABOUT □ 本サイトは、宇佐美毅の制作日誌と作品紹介のサイトです □ イラスト閲覧→上のタブを選択 □ アニメーション閲覧→http://www.youtube.com/user/usa3take4/ ■ ご依頼あれば→usa3take4@annolab.com

2012/09/21

NUCLEUS (明星和楽2012)




福岡のITとクリエイティブのイベント『明星和楽』で公開したインタラクティブな作品です。
人の輪郭を検出し、輪郭から音に合わせて変化するパーティクル(粒子)を出します。

骨格のアイデアをなっちが持ってきて、それをメンバーであーだこーだ話し合いました。最初僕はほとんどかかわる気がなかったんですが、楽しげなシステムをなっちが作ってたので触って遊んでたら、いつの間にかグラフィック担当になっていました。

シルエットから出てくるパーティクルひとつひとつは、8~32枚程のアニメーションになっており、開始フレーム、大きさ、色、それらパラメーターのランダム率などを変化させて、より厚みのあるグラフィックを表現します。なっちがあらかたのシステムを作っていたので、それを使ってアニメーションとグラフィックパラメーターの絶妙な組み合わせを模索していきました。同時に、なっちがグラフィックを作りやすい環境や音との絶妙な関係性を模索していきました。

感想。

映像でカッコつける!みたいなことを長いことやってなかっただけに、ずいぶん楽しめました。芸工の学部生のとき以来だわ。もっとやりたいです。あと、ぎりぎりで無理を言って提供して頂いたインビジ中村さんの音楽がハマり過ぎて鳥肌たちました!音楽に刺激されさらにグラフィックのアイデアが湧き上がってきました。ほんとに感謝です。




created by nariakiiwatani

System: nariakiiwatani
Art: Takeshi Usami

MUSIC by KAMRA(http://www.invisi.jp/dir/)

明星和楽2012(2012/09/08-09)にて展示。


http://www.annolab.com/

2012/08/30

あのラボと遊べる!デジタルアート展

アクロス福岡夏休み子ども企画『遊べる!デジタルアート展 〜音とリズム、五感も踊る不思議体験〜』に、我々anno labががっつり参加しました。前回を上回る集客と盛り上がりを見せ、夏休みの子どもたちに熱狂の二文字をプレゼントしちゃいました。今回も短い記録映像としてまとめましたので、ご覧下さい。

まずは、通称『デカタッチカード』。正式名称はよくわかりません。

KOO-KIさんのアプリ『タッチカード』を巨大化した作品のプログラム部分をなっち(anno lab)が担当。僭越ながら、KOO-KI×anno labと銘打ってコラボレーションさせていただきました!いえーい!



からだ全体で遊べるタッチカード登場~!

制作: KOO-KI × anno lab

http://www.koo-ki.co.jp/
http://www.annolab.com/


サダムさん(anno lab代表)がアーティストむんむんの時代に生み出された『Cubie』という作品を、今回子供用に改造したのが、もうひとつの作品『Cubie KIDS』。手元のアルファベットを並べて作曲・演奏していく装置です。僕もちょこっとだけお手伝いしました。

アルファベットをストイックに並べてギークな音楽を作ろう!

制作: Sadam Fujioka + anno lab

http://sadmb.com/
http://www.annolab.com/ 


福岡市
http://www.acros.or.jp/r_event/sponsor_detail.php?event_id=4757

役所系のコンテンツって意外と面白いものがあるのに、告知ページが残念なことが多い。
ひとつひとつ特設サイトを作れとは言いませんが、簡単なアイデアひとつで魅力的に告知できると思うんですけどねえ。

2012/08/25

『あのぱっくんガーデン』オープン!!!

『あのぱっくんガーデン』特設サイト


先月、『あのぱっくんガーデン CO2ぱくぱく!』という作品を作りました(2012年8月30日まで福岡でやってます。詳しくは前回の記事をご参照ください。)が、その流れで(キネクトを使って対話的に)巨大画面で遊ぶコンテンツ群を展開していきたいと考え、手始めに特設サイト『あのぱっくんガーデン』を作りました。まずは、遊んでみてください。


遊び方
1.マウスを動かして、怪鳥を操作する。
2.左クリックで文字を食べる。食べたら=掴んだら、ぶんぶん振り回してみる。
3.ひと通り遊んだら、タイトルバーをクリックして休憩。プロジェクトの概要を読む。


さて、このぱっくんガーデンシリーズですが、第一作の展示でも、かなりのリピーターがいたので、こいつはイケる!という確信を得ました。商業施設やイベントに設置すれば、子供がわいわい寄ってきて大いに盛り上がるはず。


グラフィックや遊び方のアイデアもいくつかあるので、早く試してみたい気持ちでいっぱいです。サイトでは、仕事の他にも趣味で作ったものも上がってくると思いますので、随時チェックして下さいませー。


directed by anno lab:
http://www.annolab.com/

2012/08/13

CO2ぱくぱく! 公開中!

カーディガンズいいわ~。


2012/7/21-8/30@福岡市立少年科学文化会館  制作:anno lab
http://www.annolab.com/


ということで、夏休みは福岡市立少年科学文化会館で、「あのぱっくんガーデン CO2ぱくぱく!」という、楽しげ過ぎる作品を置かせてもらっています。環境とエネルギー系がテーマの展示会なので、我々もCO2を吸い取り、ゴミをゴミ箱に捨てる、という作品をつくりました。

スクリーン近くではゴミ(とCO2)を発生させることも可能で、ゴミを出す側と除去する側とで若干ケンカになるようです。ゴミを出す側は、ゴミ掃除している人間がいることに気づかないことが多いようです。しかも、このコンテンツ、ゴミ掃除する人にとってのメリットは皆無。何の褒賞もございません。

ゴミを出して気持ちいいか、ゴミを掃除して気持ちいいか、ただそれだけなのです!

そして、いわゆるゲーム的な「クリア」もございません。
永久に続く戦い…そう、いわば現実世界の縮図なのです!


あと、めっちゃたのしいです。


追記:
「FUKUOKA こども 地球防衛隊」~未来の地球を救うのはキミだ!~
…「水素エネルギー」や「低炭素社会」の環境とエネルギーに関わる専門的な内容を、九州大学がわかりやすく翻訳し、子どもたちが楽しく触って遊んで学べるようにした合同企画


­展。

福岡市:
http://www.city.fukuoka.lg.jp/events/evt21570.html

九州大学:
http://www.kyushu-u.ac.jp/event/index_read.php?page=&EA_Code=102

アイスナー:
http://i2cner.kyushu-u.ac.jp/ja/news/details.php?code=180

2012/08/08

福島 Game Jam に参加して作品作りました。


SUNRISE

アニメーション・ディレクション: 宇佐美 毅 USAMI Takeshi (anno lab)
音楽: 岩谷 成晃 IWATANI Nariaki (anno lab)



福岡(@anno lab)で開催された福島 Game Jamに参加しました。与えられたテーマに沿って、その場限りのチームを組んで2日間でゲーム(今回はなぜか映像)を作るというもの。たまたま2日とも予定が入っていたので、当初は参加する気はなかったのですが、隣でわいわいやってるのを見て、ついつい手が伸びてしまいました。


一日目の夕方、テーマが「RIZE」になったらしいので、本のページに穴を開けて、めくると穴が登っていく=サンライズすることを思いつく。しかも、色を変えていけば刻々と変化する空の色を表現できるのではないかと。穴を開けるだけだし材料も紙さえあればよい。明日もあるし、寝る時間だけは確保したい…という気持ちがいい感じに肩の力を抜いてくれるはず。

まずは街に出て紙を購入。紙は柔らかくて紙肌もナチュラルなところでNTラシャを選択。
このサイズならカットなしでそのまま使えるというサイズ発見。弊店間際だしいつも通り悩んでもしょうがない。

持ち帰って、鉛筆の断面を利用しながらカッターで黙々と丸型を空け、準備完了。

ちゃちゃーっとコマ撮り。

うーむ。

尺が短すぎるのと、「穴」って分からないのがあって、尺を伸ばすことにした。ちょうどくり抜いた丸があったので、それらを利用した。締りが悪いので、3次元的なサンライズに展開することを思いついた。行き当たりばったりで思いつくまま作っていたので、最終的にサンセットする。

まあいいか。see you tommorow! 明日があるから、今日を強く生きていこう! 全体のコンセプトに近づいた気がする。今日も僕らしいいい作品ができた。満足。

寝る。

起きる。二日目。

リアルにしかのしままで朝日を撮影しに行った連中が帰ってきた。同じ会社のなっち(岩谷)がGame Jam 福岡チーム全体の音楽を、僕は撮影したものを短く編集する作業に入る。ちょうど良かったので、なっちが作った音楽を僕の作品にも採用することにした。思ったとおりしっくり来る。満足。



かぼちゃねこ:福島ゲームジャム福岡会場の参加者全員で結成したチーム
http://fgj12.ecloud.nii.ac.jp/dokuwiki/doku.php?id=team%3A%E3%81%8B%E3%81%BC%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%AD%E3%81%93

2012/08/07

Perfumeを踊らされてみた。

まずはご覧下さい。


実はこれ、プログラムが自動で認識するタイプのコマ撮り映像です。撮影時、ダンサーはただひたすら与えられたポーズをまねるのみで、何をされているのかさっぱりわかっていません。
このシステムを使えば、ダンスを踊れない人でもパフュームが踊れた風な映像を作ることが可能。あのパフューム養成ギプス公式サイトでは、映像の作り方とプログラムデータを公開しています。
http://anno-lab.com/annoperfumetraininggypsum/(公式)


メイキングビデオのみここで公開↓ なかなか酷いw

マニュアル化、自動化を必要以上に追求した結果、人類に残ったのは筋肉痛という痛みでした。



関連:


Anno Perfume Global Site Project #001 on vimeo


youtube版:http://youtu.be/WHgcLcUmMJo

anno lab official:http://www.annolab.com/

youtube anno lab chanel:http://www.youtube.com/user/annolab


2012/08/06

anno labによる展示会 記録映像集

anno labによる、7月までの展示会記録映像集。
この辺はもう、勢いでばぁーーっと作っちゃいますよね。



anno lab Opening Party 記録映像1/2
2012年7月21日@anno lab社内



anno lab Opening Party 記録映像2/2
2012年7月21日@anno lab社内



芸工+annolab. 記録映像
2011年10月22日@九州大学 箱崎キャンパス 21世紀交流プラザ


展示会といえば、照明を工夫してみようとか会場の壁を全部パターンで埋め尽くそうとか色々画策はするんだが、結局やらない。極限まで押さえた設営費でどこまでやれるか。手元にある素材で 時間も労力も無い中、如何に工夫するか。ここ最近ずっとそんなんばっか。

http://www.annolab.com/

http://www.youtube.com/user/annolab

九大芸工画像設計学科サイトのイラストレーション

ここ半年くらいFacebookに入り浸っててこちらの方が疎かになってしまいがち。
ということで、縦横無尽にアップしていきます。





ぼくは、九州大学芸術工学部の画像設計学科出身なんですが、機会を頂いて、同じく芸工出身の後輩とサイトを作ることになりました。僕はイラスト+アニメーション担当。

割と好きにやらせてもらえました。この頃はカクカクしてカワイくて手触りよくて細かいのがやりたかったんですねー。


http://www.design.kyushu-u.ac.jp/vcd/

http://nejic.com/

2012/04/19

Perfume global site project #001 つくってみた


Perfume global site project #001 from anno lab on Vimeo.

お久しぶりです。僕のブログでは。

4月から元芸工のメンバーで"anno lab"(あのラボ)という会社を興しました。
ただ、社内の環境づくりや自宅の引越しやらで、ご挨拶・周知の類は
仕事の合間に少しずつという形で行っております。ご理解のほど宜しくお願い致します。

さて、今回わが社におけるセカンド・プロジェクトであるperfume global site project #001の
映像が公開されましたのでご紹介いたします。
 (ファーストはメンバーである井原の結婚式余興です。こちらも近日公開。)

perfumeさん! ということでデジタルとアナログとをぐちゃりと融合しております。
2006年制作の "Gluebe" 以来倉庫でホコリまみれになっていた「ホットメルト接着剤」を引っ張り出して来ました。
CGと生生しい液体とを行き来する感じがキモ心地よいです。
詳しいメイキングは下のリンクを辿ってみてください!

では本年度も宜しくお願いします~!



Anno Perfume Global Site Project #001 on vimeo
Making of ....
Perfume global official website

2012/01/04


謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は森の木琴や九大アラムナイというとても大きなお仕事に携わりましたが、個人としてもブライダルやTVCM・NHKワンセグ・街頭CMで商業的なアニメーション・イラストレーションを制作し、例年になく多くの方との出会いがありました。甥っ子とも仲良くなれました。今年も繋がりを大切にしながら、制作の現場で一層の努力を続けたいと思います。

何卒お力添え宜しくお願いいたします。


※イラストは「人と人とが贈り物によって繋がり、幸せが連鎖していく」というコンセプトです。昨年つくった作品の使いまわしですが、今の日本や自分の状況に対ししっくりきたので採用しました。それぞれのストーリーを追ってみると楽しめますよ!